学校法人 聖公会北海道学園

 
(幼保連携型認定こども園)

食育

ごはんちゃん

生活としての食育クラス「ごはんちゃん」

 人が生きていくうえで最も大切なもの、いのちを繋ぐものとして「食」があります。イエスさまの教えて下さった「主の祈り」の中でも「日ごとの糧(かて)を今日もお与えください」と記されています。聖ルカ幼稚園では毎月1回「ごはんちゃん」という日を設けています。職員と子どもたち全員で、年齢に応じて調理し、おいしく食べて一日を過ごします。安全・安心な旬の食材、地産地消、郷土料理に目を向けています。

「ごはんちゃん」の流れ

①準備・・・買い物は子どもと一緒に。メインの食材を買う。
②調理・・・ちぎる、混ぜる、包丁を使う
③食べる・・盛り付け。ごはんは自分でよそう。
④片付け・・手順に従って片付ける

旬(季節)と保存食「ごはんちゃんスペシャル」

5月はお花見団子、6月はいちごシロップ、7月はピクルス、11月に大根の玄米漬け、2月はお味噌など、季節を大事にし、日本の伝統である保存食にも触れています。

ぽてルカ畑


ぽてルカ畑で、毎年じゃがいもや玄米漬け用の大根などの野菜を育てています。神さまがお与えくださった大地の恵みを感謝していただきます。

2014年度 ごはんちゃんの様子

2015年度 ごはんちゃんの様子

2016年度 ごはんちゃんの様子